FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“めかけ”

自民党が政権を執って何ヶ月経っただろう?

民主党がお金持ちお坊ちゃまを党首に据えて、
番頭役に小沢一郎を立て大東亜共栄圏を作ろうと思って始まったが、
党内の極左翼が働きかけ現代版クーデターを起こし小沢を落としいれ、

お坊ちゃままでマザコンでしたと、お役目御免にし
管、野田と繋げたが、中学生の生徒会は終焉した。

さて、自民党の安倍首相は就任時 何処かのTV局の記者から 尊敬する方は?との質問
安倍氏は、即座に 吉田松陰先生と答えた。
“吉田松陰”幕末の松下村塾(私塾=しょうかそんじゅく)

吉田松蔭は幕末アメリカと条約を交わした日米修好通商条約を批判したり
敵を知る為、ペリー船へ乗り込もうとし幕府に投獄され斬首刑にされた。
当時の清や東南アジアを見て

松蔭は、このままだとアメリカの“めかけに”成ると、、、
日本をひとつにし 西洋の技術を得とくし強い日本を作らねばと考えた人であった。
この塾から明治維新の三傑と言われる“木戸孝允、西郷隆盛、大久保利通”らが出る

21世紀すっかりアメリカのめかけになっちゃった、日本
安倍晋三は、松蔭ごとく強い日本を作りたい

彼はTPPなんてどうでも良い、選挙に勝つか負けるかで
天秤に掛けて上手に決着を付けたいところだろう。。

テレビや自動車、コンピューターは、だまっていても誰かが作る
だが、家や国家は自分達でで守らなければ、助けてはもらえない。
アメリカの“めかけ”では、飯は食えるけど 気を使う金を獲られる

白人至上主義の方々や世界のエスタブリッシュメントは
そう簡単に思うようにさせてはくれんだろうなぁッ!
世界を驚かせる事態が起こりもう少しの所でって言うのが常である

さぁ~!アメリカさんに上手にヘツライながら 経済を軌道に乗せ選挙を勝ち取り、
安倍晋三の、富国強兵は成功するか?
どれも一つでも上手く行かなければ命取りになる
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。